山梨の不動産買取|山梨不動産査定ドットコム

お知らせ

空家と税金について。  11 Feb. 2017

不動産を所有していると、「固定資産税」と「都市計画税」がかかります。毎年1月1日時点の所有者に納税通知が届きますが、もちろんこれは空家を所有される方にも納税の義務があります。

この固定資産税ですが、【住宅用地の特例】とういう制度で税金が安くなっているのはご存知でしょうか。適用されるるのは、住宅が建っていることが条件となっていますので、更地の状態ではこの制度が適用されなくなり、税金が高くなってしまうのです。【住宅用地の特例】では、固定資産税が最大1/6まで減額されますが、平成26年度までは全ての住宅に適用されていましたが、平成27年度からは、特定空家等への適用はなくなりました。

今までは空家を解体すると土地の固定資産税等が上がってしまうため、解体せずに放置されていた方も多くいらしたのではないでしょうか。ですがこれからは、適正な管理がされていない空家に対しては、固定資産税等の大幅な増税がされてしまいます。

遠方のため十分な管理ができず、空家のまま放置されている方も多くいらっしゃると思います。ご売却はもちろん、空家管理のご相談も受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。

このような理由で不動産について悩んでいませんか?

お客様によって、不動産売却の目的は様々なものです。
当社では最適な売却プランをお客様のご要望に合わせてご提案させていただいております。

こちらでは当社に寄せられる様々なお悩みやご質問に対して、Q&A形式でご回答します。

売却を行う前に知っておきたいこと

売却の目的が明確でも、事前に様々な情報も知っておかないと売却後、後悔するケースもあります。
大切な資産だからこそ事前準備もしっかりと行いましょう。

山梨不動産売却査定.comが選ばれる6つの理由