山梨の不動産買取|山梨不動産査定ドットコム

不動産を高く売るなら仲介売却がおすすめ

多少時間をかけてでも、できるだけ高く不動産を売却したい方には、「仲介売却」がおすすめです。仲介売却では、不動産会社が広告や不動産流通ネットワークを利用し、一般の購入者を募集して不動産売買します。成約時には、国土交通省の規定内の仲介手数料が発生します。仲介売却を依頼する際の媒介契約についても理解しておきましょう。ここでは、山梨県で不動産売却を行う「不動産売却査定.com」が仲介売却についてご説明します。

このようなお悩みありませんか?

せっかく所有した大切な不動産でも、ときには、やむ負えない事情によって手放さなければならなくなる場合もあるかと思います。こうした場合、これからの生活を考えると、多少時間がかかっても、できるだけ高値で売却したいと考えるのは当然のことです。このように、有利な条件での売却を希望されるなら、「仲介売却」がおすすめです。

仲介売却とは?

「仲介売却」とは、売却したい物件を不動産会社に依頼して、一般市場で購入希望者を見つけてもらい、購入希望者と価格や時期などの条件をすり合わせながら売却を進めていく方法です。一般的に不動産を売却するという場合は、仲介売却の方法をとります。
売主様は不動産業者に依頼して物件を査定してもらい、どの業者に売却を依頼するか決定します。依頼された業者は売主様と相談のうえ売却価格を決め、売却活動を行い、購入希望者を見つけ、売買契約の締結、物件の引き渡しまでサポートします。 通常、査定を依頼してから物件の引き渡しまで3~6カ月程度かかりますが、なかなか購入者が決まらない場合は、売却価格の値下げなども検討していきます。うまくいけば1カ月で決まってしまうこともありますが、1年以上経って売却ができない場合があります。

仲介売却のメリット

仲介売却の最大のメリットは、市場価格で売却できるケースが一般的とされているため、少しでも高い金額で売却できる可能性があります。多少売却までに時間がかかっても希望価格で売却したい方は、「仲介売却」を選択するとよいでしょう。
ただし、仲介売却では時期や条件、市場動向やタイミングに大きく左右されますので、物件によっては、売却までに時間がかかるケースもあります。また、販売中の内覧希望や条件交渉、引渡しについてなど、売主様のご協力が必要となります。購入希望者が見つからず、売れ残ってしまうリスクもあります。いつ売れるのか予測がつかないため、住み替えなどの際に資金計画が立てにくい点もデメリットです。とはいえ、仲介売却において買取価格を下回るほど値下げしなければ売れないという状況はめったにありません。よほど売却を急いでいる状況でないかぎり、まずは仲介売却を選択することをおすすめします。

媒介契約

不動産会社に正式に売買の仲介を依頼するときには、「媒介契約」を締結します。
媒介契約は、自分が希望する仲介のサービス内容とその対価である手数料などを明確にするための大切な書類です。後悔することのないよう、自分の意思を不動産会社にしっかりと伝えた上で、媒介契約を締結することが必要です。

媒介契約の意義

媒介契約は、売り主が不動産会社に依頼する業務の仕様(どのようなサービスを受けるか)や仲介手数料などを契約で明確にすることで、仲介業務に関するトラブルを未然に防ぐためのものです。仲介の依頼を受けた不動産会社には、媒介契約の締結が法的(宅地建物取引業法第34条の2)に義務づけられています。
媒介契約の締結は、その後の売却活動の入口となる重要なステップですので、内容をきちんと理解しておく必要があります。

3種類の媒介契約

媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」という3種類があります。それぞれメリットデメリットがありますので、売主様の売却方針に適した契約をお選びください。

媒介契約の種類 専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
契約する仲介業者 1社のみ 1社のみ 複数可能
売主自身で見つけた相手との取引 不可 可能 可能
販売活動の報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 特にない
REINSへの登録義務 契約締結日から5日以内 契約締結日から7日以内 必要

このような理由で不動産について悩んでいませんか?

お客様によって、不動産売却の目的は様々なものです。
当社では最適な売却プランをお客様のご要望に合わせてご提案させていただいております。

こちらでは当社に寄せられる様々なお悩みやご質問に対して、Q&A形式でご回答します。

売却を行う前に知っておきたいこと

売却の目的が明確でも、事前に様々な情報も知っておかないと売却後、後悔するケースもあります。
大切な資産だからこそ事前準備もしっかりと行いましょう。

山梨不動産売却査定.comが選ばれる6つの理由