山梨の不動産買取|山梨不動産査定ドットコム

不動産売却のコツ

不動産の売却をお考えの方の中には、様々な事情をお持ちの方がいらっしゃいます。
山梨エリアを中心に不動産売却を承る「山梨不動産売却査定.com」では、少しでも皆様のお力になれるよう、最適なご提案を行っています。
以下では、不動産売却の基礎知識や高く売るためのコツについてご紹介します。

高く売るには仲介・早く売るには買取です。

不動産を売却する方法には2通りあります。「仲介売却」と「現金買取」です。
多少時間がかかっても、出来るだけ高い金額で売りたい場合は、「仲介売却」です。
多少安くても、とにかく早く現金化したい場合は「現金買取」です。
お客様の現在の状況や希望金額、売却スケジュールに合わせて一番適切な方法をご提案させていただきます。

一括査定サイトは上手に使いましょう。

最近はインターネットで不動産売却の一括査定サイトがたくさんありますが、コメントを見ると不動産の売却の実際とはかけ離れていることがよく書かれています。
「最低でも5社以上査定を出して、金額を競らせましょう」とか「一括査定サイトを利用して500万円も金額がアップしました」とかのコメントをよく見かけます。
これらは、現金買取の場合は出来るだけ高く買ってくれるところを探す意味ではあながち間違ってはいませんが、出来るだけ高く売りたい仲介売却の場合ですと、金額が吊り上っただけで市場価格や適正価格とはかけ離れてしまいまったく意味のない査定額が出てくることになります。
たとえ、高額の評価が出てきたとしてもエンドユーザーまたは一般購入者の購入相場が上がるわけではないので、逆に売却が困難な金額で依頼することになり、何年も売れないという事態を招きかねません。
一括査定サイトを利用する場合は、その後の電話やメールでの対応を見ながら、一番親身になってくれる不動産業者にしっかりとした査定をしてもらう方が得策と言えます。

専任媒介がおススメです。

依頼する不動産業者が決定すると、不動産業者との間で媒介契約書という書類を締結します。
媒介契約には3種類ありまして、「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」とあります。
ここでお話しするのは「専任媒介」と「一般媒介」をどちらにした方がよいか?についてです。
ここでは、「専属専任媒介」の説明は省略させていただきます。
「専任媒介」は不動産業者1社だけと契約します。基本的には他の不動産業者とのやりとりが出来なくなります。
「一般媒介」は複数の不動産業者に何社でも依頼できます。一見、「一般媒介」の方が複数の業者に依頼できて不動産の売却も高く、早く売れそうな気がしますが、実はそうではないんです。
「専任媒介」で依頼を受けた業者は、自分が売らなければならない責任とプレッシャーがあります。よって宣伝広告費を多く費やしてくれることになり、購入者が決定するまでしつこくしつこく販売活動をおこなってくれます。
逆に「一般媒介」の場合は、本音の部分でそのうちどこかの業者が決めるだろうという気持ちがあるので、他の業務で忙しくなればますます販売にかける労力や広告費の優先順位が下がっていきます。
「専任媒介」は1社だけに頼むので販路が狭くなりそうなイメージがありますが、決してそのようなことはありません。
専任で任された業者はやはり自分が売らなければならないという責任がありますので、信頼できる業者に販売の協力依頼もしてくれます。
あとは、「一般媒介」は依頼主が直接複数の不動産業者とやりとりをしなければならないため、販売準備から引き渡しまで依頼主さん自身の負担もとても多くなってきます。
たまたま親戚や友人、信頼できる不動産業者が2,3社いる場合は「一般媒介」もよいですが、そうでない場合は「専任媒介」が賢明です。

このような理由で不動産について悩んでいませんか?

お客様によって、不動産売却の目的は様々なものです。
当社では最適な売却プランをお客様のご要望に合わせてご提案させていただいております。

こちらでは当社に寄せられる様々なお悩みやご質問に対して、Q&A形式でご回答します。

売却を行う前に知っておきたいこと

売却の目的が明確でも、事前に様々な情報も知っておかないと売却後、後悔するケースもあります。
大切な資産だからこそ事前準備もしっかりと行いましょう。

山梨不動産売却査定.comが選ばれる6つの理由